血行を促進して、冷え性や疲労に効果

  • [体質] 気虚
  • [五性] 温
  • [五味] 甘
  • [帰経] 脾 胃
  • [主な作用] 疲労回復 冷え性、血行促進、美肌、風邪予防
  • [主な栄養素] カリウム、カルシウム、カロテン、鉄、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンE
目次

[体質]気虚

「気」の不足で起こってしまう症。治法として、気の不足を補う補気である。

気虚の症状

  1. 推動作用の低下
    動きが緩慢、疲れやすい、なまあくび、息切れ、疲れると症状が悪化
  2. 温煦作用の低下
    顔色が青白い、手足の冷え、寒がある、排泄物がサラサラでうすいなどの冷寒症状
  3. 防衛作用の低下
    風邪を引きやすい、汗をかきやすい(自汗)などの症状
  4. 固摂作用の低下
    すぐに腹をくだす、胃下垂、内臓下垂、脱肛、汗をかきやすい(自汗)、尿を漏らすなどの症状
    また、不正出血、生理がダラダラと続く、鼻血、皮下出血などの出血
  5. 気化作用の低下
    汗がでない、尿がでない、むくみなどの症状
  6. 営養作用の低下
    痩せる、疲れやすい、持続力がない

気虚の舌質

淡白、歯根、胖大。脈虚

気虚の代表方剤

  • 四君子湯
  • 補中益気湯
  • 帰脾湯

脾(胃腸)の働きを高めて気を補うので、疲労回復効果の高い食材です。飢饉や食糧難の時代には、非常食として役立てられたほど。種や種の周りのワタの部分にも、栄養がたっぷり含まれているので、できるだけ食べましょう

また血行を促進して体を温める作用があり、冷え性の改善にもおすすめです。冬至の日にもかぼちゃを食べる習慣がありますが、寒い季節にかぼちゃを食べるのは、薬膳から見ても[なるほど~」と納得ですね

  • 薬膳&漢方の食材辞典 著者 坂口珠未
  • わかる中医学入門 邱 紅梅 著

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる